進路先で福祉を選ぶ

福祉を大学で専攻する利点

大学の進路で福祉を選ぶこと

大学での進路を考えるときに、どのような分野に進むべきかというのはとても悩むものです。卒業したはいいけど、就職先が見つからず、4年間を棒に振ってしまうのでは、時間とお金が無駄になってしまいます。将来的なことを念頭に置いて考えると、福祉の分野がおすすめとなっています。その理由としては、これから先に高齢化社会から高齢社会へと向かっている今、福祉の需要がますます増えてきているためです。大学では関連の資格をたくさん取ることができ、また、実践的なことも学ぶことができますし、将来食いっぱぐれる心配もないため、安心できます。

福祉大学で学べること

福祉大学では、人間が人間らしく生きていくための社会環境や社会制度のあり方について研究します。高齢者や障害者とどう向き合うか、医療機関やインフラなどの整備、法律や行政サービス、生涯学習など、研究分野は多岐に渡ります。一般的に1・2年次には、福祉についての基礎を学び、概論を理解します。3・4年次になると、専門科目を履修していくことになります。また、ケースワークを必修としている大学が多いです。長期休暇を利用して、老人ホームなどで実習を行うゼミもあります。卒業後は、行政機関や老人ホーム、障害者施設、児童相談所などで活躍している人が多いです。

福祉系大学についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 福祉を大学で専攻する利点 All rights reserved